事業承継のことはM&Aにお任せ|会社を潰したくない方へ

オフィス

まずは基本合意を目指そう

事業承継の手段としてM&Aを利用する経営者も増えてきました。事業承継については早いうちから考えておくとよいです。その気がなくても、まずはM&Aの仲介会社に相談してみましょう。経営者の事業承継に対する考えや経営方針が整理されるというメリットがあります。

握手

従業員も幸せになれます

事業承継の選択肢としてM&Aを検討する人も増えています。第三者に会社を売ったからといって、会社を去らなければならないというわけではありません。そのまま、顧問や会長として残って、従業員と共に働いている経営者もいます。

男性

複数の問題が解決できます

M&Aを利用した事業承継を考える経営者が多くなってきました。地方の企業では、M&Aを利用して大企業の傘下に入り、その販路を利用して売り上げ拡大を実現したり、従業員のモチベーション維持ができたりした例が数多くあります。

売却益をしっかり確保する

ビル

手数料の安さは最大の魅力

事業承継をお考えになりM&Aを検討する際、仲介業者に依頼することがほとんどだと思いますが、その際の仲介手数料が気になります。しっかりと売却益を残した形で事業承継が成功してこそ、M&Aの意味があると言えます。基本合意まで手数料がかからず、着手金も無料で始められるM&Aがあります。これは事業承継を考える企業経営者にとって朗報です。会社の規模や案件の規模が小さくても安心して相談し依頼することができます。M&Aの規模が小さいケースでは高報酬の仲介業者に依頼すると、仲介手数料で売却益が消えてしまうこともありえます。そこで、着手金なしで買収希望企業を募ることができるのは非常に有益です。また成約率の高い仲介業者に依頼するとM&Aが実現するまでの期間も短く済み、未来のビジョンが立てやすくなります。課題、問題を抱えていない企業はありません。たとえ事業承継を考えていない企業であっても、何かしらの課題や解決すべき問題は抱えているものです。経験や知識が豊富で実力のある業者であれば、譲渡希望企業の立場にたって経営者の傍ら、譲渡希望企業、また買収希望企業、どちらにとっても良い形で事業継承ができるようサポートしてくれます。企業マッチングに注力し、成約しそうな案件しか面倒みてくれない業者ではなく、成約率の向上に力を入れている業者に依頼すれば、M&Aの現場を熟知したコンサルタントが譲渡希望企業の立場にたった納得の事業承継をサポートしてくれます。