事業承継のことはM&Aにお任せ|会社を潰したくない方へ

  1. ホーム
  2. まずは基本合意を目指そう

まずは基本合意を目指そう

オフィス

最近では、早いうちから事業承継を意識し、ハッピーリタイアを求めてM&A仲介会社に相談する経営者も増えています。事業承継を強く意識していなくてもM&A仲介会社の担当者と話すことによって、中期的な会社の将来像をイメージできるようになります。いつまで経営者として働いて、いつの時点で経営権を譲るかということがはっきりしてくると、日頃の経営も変わってきます。M&Aの仲介会社に相談したからといって、すぐに会社が売られてしまうわけではありません。経営者が一歩先に進めたくなった段階で初めて動き出します。この時の具体的なアクションがM&A仲介会社との提携仲介契約書の締結です。その後、仲介会社による売り手の精査が始まり、概要書が作成されます。この段階まで来て初めて買い手企業に自社の情報が他の会社とともにリストとして渡されます。買い手が興味を持ったらトップ会談が設けられ、基本合意となります。事業承継のために会社を売ることを決意したのであれば、まずはこの基本合意を目指しましょう。基本合意契約書が結ばれると買い手によるデューデリジェンスが行われます。このデューデリジェンスで売り手の財務内容や技術等を徹底的に調査します。デューデリジェンスにより新たに出てきた事実については改めて条件交渉を行い、最終合意を目指します。最終合意ができたら、代金の支払いと経営の引継ぎが行われます。なお、事業承継において、経営権の譲渡と資本移動を同じタイミングで考えている人が多いですが、経営権を持ったまま株式譲渡することもできますし、経営権だけ渡すということもできます。